読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒さ

もう本当に寒くなってきた。

寒いけど、どこか心地よい寒さな気もする。

ちょっと冷たいぐらいの風だったりとか、気温だったりとか。。。

なんとなく好きかも。

できれば寒くない方がいいけど。

こればかりは日本は四季があるから仕方ない。

四季って入力していろいろ考えて思い出す。

 

彼との思い出だったりとか、今までの自分だったりとか。今の瞬間とか。。。

そんなこと考えていても季節は巡ってくる。

必ずみんなに。

時が止まればいいとか、過去に戻りたいってはすごく思う。

でも四季はどうでもいいかな。

あの時の春に戻りたいとか、あの夏がよかったななんて思ったことない。

四季に関係なく生活しているから。

でも未来の話はしたな。

彼と暖かくなったら一緒にこの場所でウォーキングしようね。って。

去年のこの時期かな?一緒に公園へ行った。

一時間あるかないかぐらいの公園んでお散歩。

芝生に転がったのもこれが初めて。

大きい芝生で手をつないでぐるぐる回ったりとか。

公園内を散歩している老夫婦を見かけて、こんな風になれたらいいねーなんて言いながら。

とっても幸せだった。

幸せだけどどこか寂しい幸せ。

”なれたらいいね”は”なるわがけない”

笑いながらも心の中で否定している。

その”なれたらいいね”に縛られたくなかったから。

そこで素直に念じてれば可愛いのかもしれないけど。

 

そんな寒さが今年もやってきた。

しかも今年は去年よりもっと寒い。

彼が近くにいないから。

近くにいてくれたら寒さも気にしないかも。

こんなタイトルの内容書かなかったかも。

暑さは考えを鈍らせるけど、寒さはなんとなく鋭くさせる。

寒さは冷静さをくれる。

今日は本当に寒いけど天気がいい。

そろそろ冬支度始めなきゃ。