読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死んでもいいぐらい

いつ死んでもいいぐらい毎日を一生懸命楽しんで生きていきたい。

その時全力で何かに取り組んで後悔をしないように生きていきたい。

これは理想だけど。

 

明日は我が身なんて言葉があるように、明日のことは誰にも分からない。

だから今日を頑張って悔いがないように生きたい。

もし明日何かがあっても昨日までは精一杯生きたからって思いたい。

そんなことを考えると恋とか仕事とかで悩むぐらいなら楽しいことを考えて悩みたいって思うようになった。

 

自分の為に時間を使いたい。

自分が今したいことに時間を費やしたい。

そこだけは素直に自分の気持ちに従いたい。

本当は思ったことも言いたいし、やりたいこともやりたい。

なんで大人になると出来ないんだろう。

子供の時より条件よくなってることもあるのに。

子供から大人になるのが早かったのかな。

 

死んでもいいぐらいの何かに出会ったことがある人のほうが少ないと思うけど、それでも私は出会いたいと思っている。

だから色んなことにチャレンジもする。

それでもそこまで打ち込めることがない。

やっぱり彼のことが死んでもいいぐらい好きってことだけは確かだけど。

こんなことが確かな話なんて嫌だ。

もっと人に胸張って言えるぐらいの何かがほしい。

信じられる何かがほしい。

これぐらいなら見つかりそうな気もするのにな・・・

なんて思っていたのが間違いなんだけどね。

 

素直な人が羨ましい。

なんでも素直に言えたり、行動出来たり。

私にはそんな勇気がないから。

素直に言ったあとに謝ることもあるぐらいなのに。。。

悪いことを言ったわけじゃなくてもね。

 

そんなことに労力使うなら死んでもいいぐらいのことに使いたい。

何だろう。

何なら死んでもいいぐらいの気持ちで楽しめるだろう。

自分が何に興味を持つんだろう。

はやく見つからないかな。