読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服

かなりの洋服を持っている。

しかも似たような服ばかり。。。

なんでこんなの買ったんだろう?って思うような服もある。

片付けていて嫌になった。

この服着て一緒にいた人が嫌いになるとその服も嫌いになる。

捨てたい。

でも捨てるのはもったいない。

誰かにあげようか?

それまで保管するのも嫌だ。

じゃあやっぱり捨てよう。

こんな感じになる。

着ないから捨てるというより、着たくないから捨てたい。

いっそ捨ててしまえば未練がましくもならないから。

嫌な服の中にお気に入りもある。

そういうのはまだ保管する。

 

洋服も残酷だと思う。

この服で初めてデートした。

この服の時は喧嘩した。

この服は。。。なんていろんなこと思い出すから。

だいたいコーディネートもワンパターンだから次回着るときも一緒な格好なんだよね。

でもそんなこと言ってても仕方ない。

さっさと捨てるか割り切ってまた着るか。

気持ち悪くて捨てた服もたくさんある。

まだ新品に近くても。

なんだか気持ち悪いから。

気持ち悪い思い出が絡んでいるからかもしれないけど。。。

そういう服はさっさと捨てる。

捨ててスッキリしたい。

洋服を買う時はワクワクする。

着るときもワクワクする。

脱ぐときにはがっかりする。

洗濯したら忘れる。

しばらくしたら気持ち悪くなるか、いい思い出か、保留か。。。

それか悲しくなるか。

それはその時しかわからないけど洋服も残酷だな。

今日は片付けたから今度は捨てよう。

売ったりもしない。

絶対捨てる。

次から次へと入れ替えていかなきゃいつまでも嫌な思いをするから今度捨てよう。