読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余裕と余力

余力があるということは余裕があるということなのかな。

今の私には余力が少しだけある。

ほんの少しだけど余力があるから自分の仕事とは関係ない仕事を手伝う。

そして毎日余力があるわけじゃないけど他の仕事が来るから受け入れる。

手伝ってほしいと言われたら頑張って手伝ってしまう。

自分の仕事もこなしながら他の仕事も頑張ってしてしまう。

そして余裕がなくなるか体調を崩すかのどちらかだ。

自分の限界をまだ知らないからかもしれない。

どんどん受け入れてしまっていっぱいいっぱいになって壊れるときもある。

でも受け入れなくて後悔するより、受け入れて追い詰められているほうが好きだ。

 

でも好きと余力は別物だから真面目に考えて受け入れないと自分が痛い目に遭う。

それも分かっている。

でもなーうまく加減できなんだよね。。。

どうしたら人の仕事も、自分の仕事も完ぺきにこなせるだろう?

ルーチンワークをまず完璧にすることかな?

そうしたらもう少し周りの人のことも助けて上げれるかな?

 

ちなみに私は頑張っている人の手助けはするけど、頑張っていない人の手伝いはしない。

頑張ってから言ってこいって思うから。

その頑張りは自分の評価じゃなくて他人の評価での話だから。

まぁそんな話もこの会社だから通用するだけだけどね。