読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事

仕事を辞めるか続けるか。。。

次が決まっているわけでもない。

当てがあるわけでもない。

ただ何となくぼんやりと思うこと。

 

今の仕事が嫌なわけでもない。

不満はあるけどまだ耐えれる。

じゃあなんで?って考えると退屈だから。

はっきり言って今まで自分がしてきて仕事より低レベルだから。

巨大な組織で働いてきた人間が少人数の会社で働くことになって違和感を感じる。

組織の仕事の取り組み方と、小さな小さな会社の仕事の取り組み方のギャップに慣れない。

慣れる必要が無いぐらい小さすぎてどうにでもなるから。

ルールはない。

連絡もない。

報告も無い。

相談?そんなもの一回も無い。

そんな自由なルールの中に自分がいると思うと、今までの環境が別世界に感じる。

かなりの別世界。

毎日決まった時間に決まった仕事をして決まった時間に帰る。

ルールに従って毎日仕事する。

イレギュラーなことは少ない。

起きたとしても解決策が必ずある。

そんなところで働いてきての今。

今の仕事は楽しい部分もある。

自分がやりたかった仕事。のはずなんだけど魅力を感じない。

仕事が楽しいというより、自分が楽を覚えてしまったからいるだけ。

楽したいって思って仕事しているほうがマシだったのかもしれない。

暇だ退屈だつまんない。

こんなの過去の自分に聞かせたくないセリフ。

やっぱり人間楽すると堕落する。

監視されてないと怠ける。

忙しく慌ただしく毎日が過ぎ去るような日々が恋しい。

あの時に戻りたい。

私すっごく仕事しているって気になるから。。。

 

頑張って充実する一日より、忙しい仕事を片付けた時の一日の充実感が好き。

いかに段取り良く仕事を片付けられるか?

そんなこと考えているほうが楽しい。

頑張ったって言葉は好きじゃない。

だからあんまり言わない。

自分は言わないけど人には言う。

 

この緩い仕事から自分を持ち直すためにあえて厳しい環境へ飛び込もうか迷う時がある。

仕事がある今には感謝している。

こんな私を採用してくれた社長に感謝する。

でもなぜか仕事していてむなしくなる。。。

こんなんでいいのだろうか?

この先まだ後何十年て働いていくのに気分だけで辞めていいのか?

それはあまりにも自分勝手すぎるし、保障もない。

そんな世界にあえて飛び込む必要も無いんじゃないか?

 

このなんとも言えない葛藤。

別に辞める必要もないのにそんなことを考えている私は幸せなのかも。

選択肢がない人もいるのに。

一時の感情と過去の栄光に縛られて間違った判断だけしないようにしないと後悔するな。。。

いったんこの話は立ち止まろう。