分岐点

人生の分岐点なのかな。

このほぼ一年間良いことなんかなかった。

良いことが全くないわけじゃないけど記憶に残るような良いことなんか無い。

 

年明けから色んなことに苦しんで、悩んでやっと今現在に至る。

今現在が落ち着いているかといえばそうじゃない。

でもこの一年間は何かの罰が当たったんじゃないかってぐらい不幸だ。

こんな言葉遣いたくなくてずっと言わなかった。

言ったら認めてしまうようで言えなかった。

でももう言う。

だって不幸なんだもん。

 

そりゃ毎日この30年間生きてきて真っ当に生きてきたかと言われたら違うけど、ここまで自分で認識できて自覚できるぐらい不幸なのは今まで生きてきて初めて。

嘘もつくし、悪いこともする、人を貶すこともする、自分さえ良ければいいときもある、騙すこともある、逃げることもある、批判もするし、反抗もする。

でもそれってそれぐらい誰にでもあることじゃないの?

気にしすぎと言われればそれまでの話だけど、この一年間がほぼ毎月、毎週不幸過ぎて楽しい思いでなんか頭の中でかすることもない。

 

じゃあポジティブに考えよう。

なんて思ったりもする。

いい意味での分岐点なのか。

私は今、岐路に立っているのか。

ふと考えてもどこへ向かうの?何の道しるべもない。

結局何の分岐点で何の岐路なのか?

そんなこと考えている余裕も、考える時間も無駄。

とにかく今ある問題を解決することが先決。

 

でも、もしこれが私の分岐点ならば適当にするわけにもいかない。

今までだって分岐点ぐらいいっぱいあったはず。

どうやって決めてきたのかと思うぐらい。

でもその時私の周りにはきっと相談相手もいたんだろうし、自分も今より素直だったはず。

今は素直でもないし、相談相手がいたとしても信じていない。

信じきれない。人を信じることに抵抗がある年齢になってきている。

だから相談しない。

悩んでいても隠す。

隠す事がカッコいいとかじゃなくて相談すること自体が面倒くさい。

どうせ自分の中での答えはある程度は決まっているから。

 

でも今回ばかりはどうしていいか分からない。

応援されても頑張れないし、一緒に悩まれても仕方ないし、逆の立場なら何て言っていいか、どんな言葉をかけていいか分からないと思う。

 

離婚をすることに決まった。

これからの人生私はどうなる。

幸せになるのか?

幸せというより生きていけるのか?

どうなるのか?

もうその不安でたまらない。

そしてこの判断でよかったのかということ。

きっと私だけじゃなくて、旦那も子供も今みんなが分岐点なんだろうな。

私だけじゃない。

みんな分岐点。

 

自分の分岐点はどうでもいいけど、子供達の人生の分岐点を早くも作ってしまったことに後悔している。

分からない年齢であっても事実に変わりはない。

後から知って傷つくだろうし、恨むだろう。

ひねくれても仕方ない。反抗されても仕方ない。

それは親としてきちんと果たせなかった罰だと思うから受け入れるつもり。

そして私は深く後悔と反省をするだろうな。

目に見えてる。

でも例え仮面夫婦が理想であっても現実はうまくいかないんだよ。

周りには仮面夫婦が羨ましいって言われてたけど、羨ましがられることなんか一つもないから。

勘違いしないでって思う。

もう仮面夫婦ではない。他人。

そして私は同居人としてしばらく生きていく。

自分の人生の中に同居人ていう言葉のポジションが出てくるなんて予想外すぎる。

これもまた予想外すぎて不幸。

なんでもかんでも不幸のせいにしたいときがある。

不幸って言っていれば楽だから。

それ以外何の意味もない。

 

いい意味での分岐点なら喜んで受け入れるし、前へ進もうと思う。

こんな最悪の分岐点これからどうやって進んでいこう。

進んでいけるのか?

もう後退してしまうんじゃないか?

それかこのままか。

とにかく先のことなんか当分考えられない。

考えるのは子供の未来。

子供達の道さえきちんと整えてあげることが罪滅ぼしかな。