気遣い

気を遣われるより気を遣わせない人になりたい。

一緒にいて気楽な人がいい。

気を遣いたい人もいるだろう。

 

気に入られたくて遣う”気”

嫌われたくなくて遣う”気”

遣ってあげたくなる”気”

私の彼氏は遣いたくないけど遣ってそうな”気”

一緒にご飯食べに行ったら先にビールを注いでくれる。

本当はそんなことするの嫌いなくせに。

って思いながらも勢いよく注いでくれる。

本当はこの人されたいはずなのになーていつも思いながら見ている。

私が人間観察好きなのは知っているから分かっているとは思うけど。

 

気遣いも度を越えるとお節介。

お節介に気づかない人はたくさんいる。

私はお節介じゃない。

だから言われる冷たいとか酷いとか。

でもお節介なんてしてあげたいだけで自己満足でしょ?

私はそれで自己満足しないもん。

お節介してあげたら見返りがほしいもん。

無償が損しているとかは思わないけどお節介をするってことは実は先の結果も期待しているんじゃないか?って思う。

お節介の先に確実な見返りがあると確信しているか、お節介してやったんだから何か与えてくれと言うバカもいる。

そんな面倒くさいことはごめんだから首も突っ込まない。

だから私はいいの。

冷酷な人間だと思われても。

そこまでお節介して気を引きたくないから。

可愛くなくてもいい。

 

彼氏に言われた言葉。

 

「最近きつくなったよね」

「そんなことないよ。だってこれが本当の私だから言葉も態度もきついよ。

 本当はね。」

 

それでもいい。

隠してて別れがきた時にこんなに猫かぶってたのになんて思いたくないから。

 

もう少し優しい気持ちで気遣い出来たらいいんだろうけどな。

優しい言葉をかけてもらっても私には染み込まない。

伝わらない。

きっと世の中の女性なら言われてうれしい言葉もたくさんかけてもらっているけど、どれも私には伝わらないし嬉しくない。

むしろちょっと迷惑なこともある。

あるけどそんな気遣いができる人が身近にいることは幸せだと思う。