読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

習い事

最近子供が習い事を始めた。

いつかは言い出すだろうなとは思っていた。

気持ちを試すわけじゃないけど強く意思確認はした。

「やりたい。自分だけ習い事していないと周りの友達と会話ができないから」

そんな理由で習い事を始めたいなんて思っていなかったから驚いた。

そしてこの数年間何も習い事をさせなかった親としての責任。

子供にこんなことを思わせていたことへの罪悪感。

辛い気持ちになった。

気付いてやれなかった。

聞いてあげなかった。

 

昨日習い事へのお迎えに行って謝った。

 

「楽しかった?もっと前からやりたかった?」

「うん。すごく楽しい。

 ずっと続けたい。それにもっと前からやればよかった」

「・・・・・・・・・・・・・」

「ごめんねママが気づかなくて。それに言わなかったからごめんね。

 これからは協力するから精一杯、思いっきり頑張ってね」

「ううん。

 自分もやりたいと言わなかったから悪いんだよ」

あちゃー。子供にこんなこと言わせてしまった。

自分が不甲斐なかった。

これからはこの子のために少しでも頑張ってバックアップしていこう。

きっとこれが普通。

普通とかって考えてる時点でおかしいけど、そうやって私は理解して行くしかない。

そうやって協力していくことに慣れていこうと思う。

そして”普通”という考え方を捨てよう。

そんな考え方は醜いから。

明日も習い事がある。

応援もしたい。

ご褒美もあげたい。

今まで我慢して来た分思いっきりご褒美をあげたい。

甘やかすとかじゃなくてご褒美。