道理

私の会話には筋道が通ってないことが多い。らしい。

 

でも会話なんて喋りながら筋道を作ってくこともあると思っている。

会話の全てに道筋ができてたら起承転結なんてどうでもよくなる。

結果があるものの会話には当然筋道が通ってることもあるとは思うけど、現在進行系の話は筋道なんかあってないようなもんじゃない?

そんなことまでいちいち説明して会話するなんて疲れる。

そんなレベルの高い会話に楽しみはないな=この相手の事は苦手。

やっぱり人間同じ価値観で同じレベルの人間と一緒にいる方が楽なんだと思う。

レベルの高い相手は当然相手にも求めてくる。

低い相手ならレベルを求めてしまう。

それなら良く似た人が一番いい。

これは優しくされてもブレてはいけないとこなんだと思う。

 

道理の意味は奥が深い。

私は簡単に使いたくない言葉だな。

常識がルール。

無茶苦茶な事以外は道理に外れてるとは思わない。

たまたまそうなっただけの話で。

世間体ルールとか常識とか価値観の違いも受け入れて生きて行くことは疲れる。

こうやってみんなの意見に耳を傾けているだけでも注意される。

そんなのおかしい。

明らかにおかしい事以外は耳を傾けて聞くべきだと思うから。

結果はどうであれ言葉をかけてくれることに意味があると思うし聞く必要ないなんて思えない。

聞いたことによって答えの幅が広がるから。

でも耳を塞ぎたくなることもある。

私が間違ってることを力づくで認めさせようとする人もいる。

これこそ道理以前の問題。

上手く言葉を並べているだけ。

 

道理なんて言ってる前に世間をもっと見て勉強しないといけないな。

人間なんか汚い生き物だから騙されてはいけない。

どんなに良い言葉とか説得力のある会話をしたとしても相手に伝わらない。

それはその人自身が汚いから。

そんな言葉に捉われなくても自分の思うように常識の範囲で正しく道を選択していけたらどんなに楽だろうか?

それができないから、この状態なんだろうけど。

もう少しこの苦しい状態、状況を付き合っていかなきゃな。

道理はさて置き。