読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩の荷

いつになったら肩の荷が降りるんだろう。

いつまでも肩に何かがのっかてるような気がしてたまらない。

こんな日常から早く立ち去りたい。

こんな日常だけど無くなると寂しいとは思う。

それでも仕方ない。

この環境にずっといるわけにはいかないから。

それでいい。

それでよかった。

そう思いたいから、そう思えるようにする。

明日からの有給消化。

願っていたこと。

これでよかった。

少しずつ肩の荷を降ろしていこう。