子供の気持ち

今まで仕事ばかりで子供の話なんて聞いてるようで聞いていなかった。

聞いてるつもりだった。

”つもり”

この言葉嫌いな言葉。

言い訳にしか聞こえないから。

そんな言葉が当てはまるようなことをしていた。

 

仕事を辞めてから当然だけど子供との会話が増えた。

それは思ってもいないような質問だったり、子供らしい会話だったり・・・

一緒にいてとっても楽しい。

一日中楽しいわけじゃない。

そりゃ怒ることも多々あるし。

笑ってる時間より怒ってる時間の方が多いもん。

それでも会話ができて食事ができてお出かけができる。

これだけでも十分な幸せを今日は感じた。

すっかり大きくなってお手伝いができる。

荷物を持ってくれる。

相談も聞いてくれる。

助言もしてくれる。

探し物も一緒にしてくれる。

我ながらなんて素晴らしい子供を授かったんだろう。

なんて思った。

 

そんな子供たちの意見。

ママは家にいてほしい。

 

「明日からお仕事に行くね」

「えーっ。明日1日だけ?すぐ帰ってくる?」

この言葉正直辛い。

ママもお家にいたいんだよ?

 

でも働かなくちゃいけないの。

家計が苦しいわけではない。

仕事をしていないとボケてしまいそうだから仕事をする。

仕事をしていないと体が怠けてしまうから仕事をする。

 

また仕事が始まると子供の気持ちに寄り添えない。

旦那に当たり散らす。

考えるだけで仕事をするリスクが大きいような気がしてくる。

子供の気持ちに寄り添いたい。

耳を傾けてやりたい。

子供の意見を尊重したい。

仕事をする不安より、子供との接し方に不安がある。

前のようにならないように反省と後悔をしている最中だ。

まだ途中だから解決はしていない。

それでも明日からは仕事。

子供優先で仕事に励むとするかな。