読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰にでも

お父さんの病気のことでお母さんと話しをした。

「ストレスもあるんだって。

 看護婦さんに言われた。

 食生活も悪いし。

 ガンの一種だからね。」

 

それは誰にでもあるよ・・・。

子供だってストレスあるのに大人なんか聞かなくてもストレス抱えてるに決まっている。

たとえストレスが発散できていたとしても病気にはなるんだからさ。

こればっかりは言い出したらきりがない。

だから誰にでも起こり得ること。

元気になろうと思っていたのに、こんなこと聞かされてショックだった。

怖くて生きて行けなくなってしまう。

気にしないようにするために、気晴らしのため買い物に出かけた。

それでも頭の中は”ストレス”とういう言葉でいっぱいになった。

そのおかげで物欲は無くなったから必要なものだけ買って帰れたけどね。

 

病気になったら誰でも原因を探そうとする。

それは私も同じ。

でも原因を探っても解決にはならない。

もう終わった話だから。

 

なかなか気持ちの切り替えは難しい。

難しいけど人間いつかは切り替える=諦めるという方法を身につけているから大丈夫。

それでも暗い気持ちは付きまとうけどね。

これもまたきりがない話。

誰だって同じだって。

 

それでも、

どんな問題があっても、

解決しなくても、

それでも頑張って生きて行かなくちゃ行けないんだって。

死ぬことを自分で選択しない限りは頑張って生きて行かなきゃ行けないんだって。