今まで自分の運とか、運気とか考えたことなかった。

たまたま行った図書館で”運”の本を借りてきた。

 

運は毎日変わるもの。

心のようなもの。

心が変われば運も変わる。

 

私、個人としてこんな風に解釈した。

心と運は一心同体なのか?

まぁ、占いとか風水とかも興味あるようで、

実はあんまり気にしたことはないけどね。

 

それなのに、毎日穏やかに暮らしていると何かにすがりたくなるときがある。

こんなに幸せなのにね。

おかしいよね。

占いとか、人にすがりたい時もあるし、物にすがりたい時もある。

食べ物の時もある。

そして自分に一番すがりたい時もある。

 

そう考えていても、すがる事なんて簡単にできない。

タイミングだったりとか、気分とかに左右されていつの間にか忘れてる。

 

それも運なのか?

運ってどこまでの範囲が含まれるのかすら分からないけど。

読んでいて納得する気持ちもあるけど、

やっぱり私は、あんまり信じないかな・・・

せっかく借りてきたから読むけどね。

 

占いとか石とか、運に頼るのは良くない。

そんなことに囚われずに、自分らしくいたいな。

運=自分みたいな方程式も嫌だし。

自分があっての運だと思ってるから。