髪の色

髪の色を変えた。

実は今日の朝と夜で二回も変えた。

セルフカラーだからできるけどダメージは強いはず。

 

朝は明るい色にしたくて、買いだめしてあったカラー剤の中から明るい色を選んだ。

そして綺麗に染めて、化粧してショッピングセンターへ行った。

嬉しそうに行って、試着室の鏡見てびっくり。

 

なに?この明るい髪の毛・・・

まぁ、確かにカラーして明るくしたけど自分に似合ってない。

むしろダサい。

いやだー。

早く黒くしたい。

 

そう思って、また慌ててカラー剤を探す。

今度は黒にしよう。

そして暗めのカラー剤を購入した。

 

今日じゃなくて明日でもいいのに、今日中に暗くしたかった。

例えようのない気分の中、セルフカラーをした。

染め終わってから鏡見て思う。

 

私、何色が似合うの?

好きな色とか、いいなって思う色は似合わないのか?

 

とりあえず暗めになったからいいかー・・・

そんな気持ちで今、鏡見ながら書いている。

若さがあれば明るめカラーは可愛らしいけど、年齢が重なるにつれてカラーも変えていかないとダメなんだと気付いた。

 

そんなこと考えるぐらいなら、

どんなカラーでも似合うような顔とか、スタイルになればいいんだろうけどね!!!

それは現実的に難しいけどね。

それでも1日で二回も髪色変えた自分を見れたから良しとしよう。

 

そして次は失敗しないカラーを選ぼう。

顔とカラーが合うようなカラーをね。

 

これは今回の教訓だな。