すれ違うこと

人間誰でも何かですれ違ってしまう。

そんなことは理解してる。

だから仕方ないと諦められることもある。

 

それでも諦められなくて、

許せなくて、

結果的にすれ違ってしまう。

 

会話をしても、自分の意見から程遠い答えを言われたり、

共感してもらえなかったり、少し否定されたり。

人それぞれ価値観が違うのは承知してる。

承知してるけど、意見の相違ですれ違う。

10人いたら9人は同じ意見なのに、1人だけが違うことを言う。

その1人は彼氏だったりする。

 

理不尽なことを言われて愚痴ったら「わからなくもないかな・・・」なんて言い返された。

理不尽とわかっているけど、自分もそういう経験あるから的な返事をされると答えになってないし話にならない。

明らかに、その返事をしたら怒るとか分かってて言うのはバカなんじゃないかと思う。

 

恋人同士だったら庇いあったり、助け合ったり、共感しあったりするもんじゃないの?

そしてこれは私の価値観での話だけど、好きだったら否定は最低限しかしない。

否定も肯定もしなくていい。

聞いてくれるだけでいい。

それすらも出来ない恋人なんか嫌だ。

 

相当な信頼関係がない限り、発言には気をつけるべきだと思った。

相当な信頼関係があるからこそ、深い発言もできる。

必ず喧嘩しても仲直りする自信があるからこそできる発言もある。

そうやって作り上げていく信頼関係もあるって最近気づいた。

長い付き合いだったとしても、波風を立てないように付き合ってるからこそ長持ちしているだけで、上面だけ。

私が思う本当の信頼関係は、どんなことがあっても真正面から受け止めてくれる人。

そして嫌な顔をせずに話しを聞いてくてる人。

相手を守ろうとする姿勢。

 

まだまだ色んな条件はあるけど、遠距離彼氏とは信頼関係は無かったと今日やと気付いた。

 

そして私はすれ違った。

すれ違ってよかった。

どこか安心した。ホッとした。

解放された気がした。

こいつに惚れてたのは間違いだった。

錯覚してた。

頭の中に色んな言葉が巡ってくる。

決して良い言葉ではない。

 

すれ違ったからこそ思うこと。

私、好きって錯覚していただけだったんだと思う。

 

 

 

 

広告を非表示にする