効力

どうやら指輪の効果はなくなったみたい。

 

指輪があってもなくても不安なものは不安だし、

寂しいものは寂しい。

もどかしい気持ちも変わらない。

どんなに身近に彼の存在を感じられるものがあっても不満。

 

次から次へと欲望が生まれる。

指輪を手に入れたら満足すると思っていた。

でも大間違いだった。

指輪だけじゃ物足りない。

存在自体が欲しい。

 

指輪なんか幻想だとすら思った。

どんなに高価なものであっても事実は違う。

事実が欲しい。

 

事実=真実

 

でも、こんな私は真実があっても信じきれない。

でも証明は欲しい。

どの時点で納得するかは分からないけど、

今まで以上にモヤモヤした気持ちになったのは間違いない。

 

指輪に期待しすぎていた。

浅はかだった。

指輪が切なすぎる。

私の指で浮いている。

 

こんな時に限って彼から指輪の写真が送られてくる。

切なくて泣けてくる。

 

こんな時こそ効力発揮して欲しい。