連絡

連絡をしたい相手。

連絡をしたくない相手。

連絡をしなくても平気な相手。

 

いろんな連絡があるけど、

自分から連絡したい相手と、したくない相手と、どうでもいい相手がいる。

 

自分からしたい相手は、どちらかというと私に興味が薄かったりするから連絡したくなる。

自分からしたくない相手は、私に興味がありすぎるのか連絡も頻繁で一方的だから連絡したくなくなるから拒否する。

どうでもいい相手は、自分の機嫌と虫の居所が悪くなかった場合のみ返事したりする。

 

毎日無駄な連絡は疲れる。

連絡がないから寂しい気持ちはわかるけど、私は連絡なくても平気なんだもん。

なんてことも言えないから無視する。

 

連絡も無機質になってしまう。

義務みたいな感じで連絡させられると、感情がそのまま文章に繋がる。

どうせプライベートだし、いい顔する必要もないと思っているから。

これが素の私。

 

その冷たい感じの返事が嫌なら送ってこないでってこと。

ぼちぼち気付いてくれた人もいるかな?

 

昨日、俺のわがままなんだけど会えないかな?って連絡が来た。

なんで好きでもない奴のために夜な夜な明日仕事なのに会いに行かなきゃいけないわけ?

行くわけないじゃん。

なんであんたのために時間作らなきゃいけないの?

そりゃ社交辞令的なもので、今度御飯でもとは言ったけど本気じゃなく帰りたかったから言った台詞なの。

それにしがみついて時間作れなんて言わないでよ。

当然ドメインから拒否した。

アドレスもね。

 

好きでもない相手のために捧げる時間はない。

これは万人共通。

寂しいからとか、少しだけ自分のために時間作ってって台詞は彼女に言えよ。

相手は私じゃないよ。

 

ここ最近で一番イラつく連絡だった。

反対に一番嬉しい連絡は、余韻が残ってるって言われた連絡。

どうでもいい連絡はどうでもいいから忘れた。