31

今、私は31歳。

結婚して子供もいる。

そして不倫もしている。

 二股不倫。

二股でも一人は遠距離だけど。

 

もうかれこれ何ヶ月も会っていない。

会いたいとすら思わなくなった。

連絡も頻繁にしていたときもあったのに今は数通のメール。

返事も忘れた頃に返す。

電話に出るのが億劫。

掛け直そうとすら思わなくなった。

これって冷めたのかな?

きっと冷めているんだろうけど認めたくないんだろうな。

私自身が。

いなくなったら寂しい気持ちも当然あるから。

 

それより、今一緒にいる相手が楽しい。

かなりの年齢差はあるけど、その差も気にならないぐらい好き。

もともと私の好きなタイプだったからかもしれないけど。

年齢的にはかなり歳とってるけど若々しくしている。

いつも堂々としている感じも好き。

一緒に歩いていても恥ずかしくないし。

まぁ、そう思うのも私が惚れているからだと思うけど。

それでもいい。

好きだから。

ほんの一瞬だけしかいれないとしても好きだから。

 

こんな話をしたいわけじゃやない。

リアルに31歳という現実。

お風呂に入ればたるんだ体。

化粧をすれば乾燥した顔。

かかとのガサガサ。

手の甲のキメの粗さ。

化粧品を見にいけばアンチエイジング

年齢が高くなれば、化粧水の質も高くなって値段も倍になる。

病気のリスクも高くなる。

人間関係も複雑になる。

頭も堅くなる。

素直な気持ちなんてどこか遠くへ置き去りになってる気がする。

もう自分には素直な気持ちは戻ってこない気がする。

31年間一緒に生きて来た体と心は随分ボロボロだ。

薬を飲んでも治らない。

薬を塗っても治らない。

食べても改善しない。

この先もずっと付きまとうであろう悩みたち。

 

お風呂の滞在時間も長くなって、

髪の毛洗うにしてもトリートメントは必要だし、

顔洗うのも洗顔ネットで泡だてることからやらなきゃいけない。

体だってゴシゴシこすって洗うわけにはいかない。

ついでに無駄毛の処理だってある。

31年間も処理していれば肌もガサガサのボロボロ。

流血するときもある。

お風呂から上がったら保湿。

このクソ寒い時に保湿。

保湿保湿ばかりで、顔に何種類塗ってるかわからないぐらい。

ついでにリップクリームも塗りたくる。

そして出来上がった顔はベットベトのテカテカ。

それでも保湿されていると信じて毎日頑張っている。

 

そして体はたるみすぎてハミ肉だらけ。

脂肪というかセルライト

全身セルライトの塊。

腕も足も首回りも・・・

急に目につくようになった。

そして必死になんとかしようと抵抗するけど、今更どこから手をつけていいかわからない。

それがリアルな31歳なんだと思う。

腰も痛い。

白髪も出てきた。

目尻のシワにほうれい線。

間違いなく老化に向かって自分の体は進んでいる。

止めることも遅らせることも抵抗することもできない。

だって数字にも表れている。

私は31歳なんだって。