不倫旅行

ゴールデンウィーク直前に不倫旅行をした。

 

有名な観光地に出かけた。

到着して歩く時、

列車の待ち時間、

列車の中、

全て視線を感じる気がする。

不自然な年の差。

”不倫してます”って感じに見えているはず。

列車の中で前の座席の夫婦が写真をたくさん撮っている。

中年夫婦だけどとても仲良く写真を撮りあったり、顔をくっつけて撮っていたり・・・

 

私達に写真は不要。

撮りましょうか?と言われたけど、断る。

そして彼は私に『俺たち不倫なんで写真結構ですって言おうか!!』なんてふざけて言ってるけど、正直突き刺さるような言葉だった。

別に不倫っていう言葉にこだわってはないけど、彼の口から言われると辛い。

 

分かってる。

そんなの分かってる。

だから言わないで。

今この瞬間を楽しませてよ。

そんなの誰の目から見ても、不倫だと思われてるの分かってる。

痛いぐらい視線感じる時もある。

でも気にしないふりしてるんだから、

あなたまで言わなくてもいいじゃん。

 

こんな風に言われて途中でつまらなくなった。

それでも最後まで普通で、できるだけ笑っていたい。

それでも一緒にいたいと思ったから。

気にしないことができない。

一回でもこんな風に言われると、

ふとした時にまた思ってるかな?なんて探ってしまう。

顔色を見たり、嫌味を言ってみたり、確かめたり。

 

不倫旅行。

今までもしてきたし、これからもする。

冷たい視線も、冷たい対応もしょうがない。

これが不倫に対する世間の対応なんだと思う。